きのこっちの開運計画

開運を研究するブログだよ!占い、スピリチュアル、不思議な話もご紹介!

【実話】夏におすすめ!本当にあった沖縄の怖い話7選

f:id:houikaiun:20180705001131j:plain

 

こんにちは、きのこっちです。

 

夏がきました!

 

今回は本当にあった沖縄の怖い話7選です。

 

私の周りの方々が体験したものを集めてみました。

 

ちなみにきのこっちには霊感はありません!

 

見えなくていいですw

 

ということで元気よく怖い話いってみようー!!

 

 

 

 

本当にあった沖縄の怖い話7選

1話 

Aさんが中学生の時に経験した話です。

 

ある日の放課後。 

 

Aさんがクラスメイトとふたりで下校してるときのことです。

 

途中、こじんまりとした公園に差しかかりました。

 

(私もこの公園は知っていますが、ただ存在してるという感じで、誰かが遊んでいるのを見たことがありません)

 

 

その公園のブランコが誰も乗っていないのに大きく揺れていました。

 

 

もちろん風も吹いていません。

 

 

「見て、あのブランコ」

「おかしいね」

 

 

ふたりで笑い合っていると、クラスメイトが携帯電話を取り出しました。

 

そして揺れてるブランコの動画を撮影し始めます。

 

動画には何も写っていませんでした。

 

しかしクラスメイトはその動画を「お母さんに見せる」と言い出します。

 

クラスメイトの母親はユタ(沖縄の霊能力者)をしていました。

 

お母さんに見せたら何か分かるかもしれない――。

 

帰宅後。

 

クラスメイトは「見てこれ」と携帯の動画を母親に見せました。

 

すると母親は、

 

 

「なんでこの子と遊んであげないか」

 

 

・・・は?

 

 

 

「ひとりで遊ばせて可哀想に。一緒に遊んであげなさい」

 

 

 

・・・は?

 

 

 

母親にはそのブランコに女の子が乗っている姿が見えていたそうです。。

 

 

 

・・・はい、以上です。

 

怖えぇ…。というのも、私も学生だったときはこの公園の前をよく通っていたのです。この話を聞いたときは、確かにあの公園、陰気臭いよな…と思いました。

 

2話

夕方、Bさんが車の運転をしてる最中のことです。

 

道路の脇に上から下までグリーンの洋服を着た女の子が立っていました

 

突然、その女の子が道路に飛び出しました。

 

危ない! とBさんは慌てて急ブレーキ!

 

Bさんの後ろを走っていた車も慌てて急ブレーキ!

 

しかし女の子は消え、どこにもいなくなっていたそうです。。

 

 

見てはいけないものを見てしまったー!!

 

 

Bさんは家に帰って、塩! 塩! 塩!ww

 

Bさん曰く、夕方とか明け方の時間帯は霊感がない人でも見えることがあるとのことでした。

  

 

・・・はい、以上です。

 

あまり怖くなかったですかね。

ちなみにこのできごとがあった場所は、1話で話した公園の近くです。

もしかして成仏できない女の子がいつまでもその辺をフラフラ彷徨ってるのかなと思いました。。

 

3話

朝、Cさんが車で会社へ向かっている時のこと。

 

坂道を運転中。

 

Cさんの目の前を男の人が自転車で走っていました。

 

Cさんは(自転車を漕いでる人がいるな…)と思いつつも、その人を追い越したい。

 

しかし坂道を登り終えところで、さっきまで目の前を走っていた自転車がいなくなっていたんだそうです。。

 

道は真っすぐしかないからどこにも曲がったりできない。

 

しかもよく考えると、

 

 

その男の人は自転車で、Cさんは車。

 

 

なのにどうしても追い越せなかったんだそうです。

 

 

 

・・・はい、以上です。

 

怖わ…。この自転車の幽霊、自転車に乗ってる最中に交通事故に遭っちゃったのかなって思いました。幽霊になっても自転車こぎ続けてるのかも…。

 

4話 

Dさんがまだ中学生だったときのことです。

 

テストの最中に突然金縛りにあってしましました。

 

シャーペンを片手に持って、テスト用紙に視線を落としたままの姿勢で硬直。

 

Dさんはテストの前日に徹夜で勉強をしていました。

 

金縛りになるほど疲れているのかな、と思ったそうです。

 

ここで、遠くからドン、ドン、ドンとバスケットボールが床を叩くような音が聞こえてきました。

 

その音が少しずつ近づいてきて、教室の中に入ってきました。

 

それは黒いボールのようなもの。

 

 

ドン、ドン、ドン

 

 

黒いボールが床を叩きながらDさんの席まで接近してきます。

 

Dさんは身体が硬直して動くことができません。

 

 

(夢を見てるのかな・・・)

 

 

 

ドンドンドンドンドン 

 

 

 

黒いボールが床を叩く音が速くなり、Dさんの席の周りをぐるぐると何周もしはじめました。

 

少し経つと、その黒いボールは床を転がって教室の外に出ていきました。

 

転がっていく瞬間、Dさんは黒いボールに「人の首筋」のようなものがあるのを見たそうです。

 

金縛りが解けて、テストを再開します。

 

 

――一ヶ月後。

 

 

Dさんは一ヶ月間、この話を誰にも話しませんでした。

 

なぜかはわからないけれど誰にも言ってはいけないような気がした、とのことです。。

 

しかしとうとう話す機会がやってきます。

 

それは放課後、クラスメイトと教室でお喋りをしていたときのことでした。

 

ふと、あの時のことを思い出します。

 

(もう話してもいいかな・・・)

 

そしてDさんはテストの最中に金縛りにあったことを語り始めました。

 

すべてを話し終えて、

 

 

「あれ、夢だったのかな」

 

 

そう苦笑していると、クラスメイトの表情がみるみる青ざめていきました。(Dさん曰く、「青ざめるってこういうことを言うんだって思った…」とのこと)

 

クラスメイトが、

 

 

「私も見た・・・」

 

 

 

 

バンッ!

 

 

 

 

突然、教室の引き戸が閉まったんだそうです。

 

Dさん曰く、この瞬間が一番怖かったらしく、クラスメイトと慌ててその場を立ち去ったとのことでした。

 

 

・・・はい、以上です。

 

どどど、どうですか、怖くないですか?

教室の引き戸というのは、横にスライドするやつです。

それがいきなり閉まるって不自然すぎる…。

ちなみにDさんが通っていた学校は心霊現象がよくあったらしく、不思議な経験をしている人はたくさんいました。

 

5話

ポジティブな女の子、Eさんの話です。

 

Eさんが旅行から戻ってくると、職場の同僚にこう言われます。

 

 

「幽霊取り憑いてるよ。髪の長い女の人。旅行先で取り憑かれたみたいだね」

 

 

同僚は霊感が強く、幽霊を見ることはよくあったそうです。

 

しかしEさんさんはとてもポジティブで、幽霊なんてまったく信じていません。

 

同僚に何を言われてもまったく怖がる素振りを見せませんでした。

 

むしろその状況を楽しんでるかのように、

 

 

「は? 幽霊? どこにいるの? どこどこー?」

「その子可愛い? スタイルいい?」

 

 

 

「胸でかい?ww」

 

 

 

そんな調子で続けていると、幽霊はEさんに取り憑いても意味がないと思ったようです。

 

同じ職場の別の人に取り憑いてしまいました。。

 

 

 

・・・はい、以上です。

 

ウケますねw

やっぱりポジティブな人には幽霊は取り憑かないんですね。

というか、代わりに取り憑かれた人からしたら、

 

迷惑な話ですよね(笑) 

 

6話

霊感が強いFさんが経験した話です。

 

Fさんが小道を運転してる最中のこと。

 

突然、若い男の人が目の前を横切っていきました。

 

 

Fさんはあわてて急ブレーキをかけます!!

 

 

するとその男は、Fさんの方を振り向いて、

 

 

おいでおいで…と手招き。

 

 

Fさんはしまった…! と思ったそうですが、男はすぐ近くのお墓の方へ行ってしまったんだそうです。

 

 

 

・・・はい、以上です。

 

怖い! もう、幽霊は本当に道路に飛び出しすぎですね!

ていうか、手招きされても

 

 

行くかよ(笑)!

 

7話

最後はGさんが経験した話です。

 

Gさんは交通事故に遭ってしまい、意識不明の重体。

 

生死を彷徨っている間、Gさんは夢を見ました。

 

知らない道をフラフラ歩いている夢。

 

Gさんのまわりには血をダラダラ流した人や骨折した人などがたくさんいました。みんな苦しそうに呻いています。

 

そこを通り過ぎると、川の前にたどり着きました。

 

川の前には見知らぬおばあちゃんが立っています。

 

おばあちゃんはFさんの顔を見るなり、こう言いました。

 

 

「あんたはまだ若いから戻りなさい」

 

 

そう言われて、Gさんは来た道を引き返しました。

 

目が覚めると、そこは病院のベッドの上だったそうです。

 

 

 

・・・はい、以上です。

 

こういうのって世界の仰天エピソードとかで紹介されてそうですよね。私はこの話を聞いたとき、そのおばあちゃんはきっとあの世の偉い人か何かなんだろうなと思いましたが・・・

 

今回この記事を書くにあたって、三途の川について少し調べてみました!

 

三途の川には奪衣婆(だつえば)という老婆がいるそうです。その奪衣婆にあの世のお金を渡すことで川を渡らせてもらえるとかなんとか。Fさんが見たおばあちゃんというのはもしかして奪衣婆なのかなと思いました。

 

三途の川ってまじで存在するんですかね。

 

怖えぇ…。

 

おわりに。

本当にあった沖縄の怖い話7選!

 

いかがでしたでしょうか?

 

ちなみにきのこっちはビビり症なので怖い話は勘弁してくれ…という感じです。

 

だけど聞いてしまうw

 

みなさんの暑い夏が少しでも涼しくなっていただけたら幸いです!