きのこっちの開運計画

~開運を研究していくブログだよ~

占い依存症をやめたい!克服への第一歩は手間を増やすこと

f:id:houikaiun:20191222210232j:plain

 

過去にも占い依存症についての記事を書きましたが、あれから私なりにいろいろ調べてみてもっとこうすれば克服できるんじゃないかという方法を考えてみました。

 

www.kinokotchi.com

 

「占い依存症をやめたい…」と悩んでいる方が多いようなので、そういう方に少しでも役に立っていただければと思います。

 

重度の依存だとこれから私がご紹介する方法を試してみも解決できるか分かりませんが、占い依存を自力で直したいという方はこれからご紹介する方法を試してみてください。

 

 

 

 

占い依存症をやめるには?

①手間を増やす

まず一つめの方法は手間を増やすことです。

 

手間というのは占ってもらうまでの時間を少しでも長くするということです。

 

たとえば電話占いやメール占いをやめたい場合は、

 

  1. 占い師の電話番号、メールアドレスを削除する
  2. 携帯の電源を切る
  3. 携帯を見えないところに隠しておく

 

タロット占いをやめたいなら、

 

  • タロットカードを捨てる

 

そうすると占いたくなってもすぐには占うことはできません。

 

ここで面倒になって占いを止めることができれば成功です。

 

でも「携帯って普通は使うものだし、電源を切ることはできない…」そう思う方もいるかもしれませんね。

 

②の2つ目のポイントでも説明しますが、いつも占ってもらいたくなる時間帯や状況があると思います。

 

夜に占い師に電話をかけたくなるなら、夜になる前に携帯の電源を切って隠しておけばいいのです。

 

見えないところに隠しておく、捨てるというのをやってみてください。

 

②いつ、どこで、どういう時に占いに頼りたくなってしまうのか?メモをしておく

今まで占いに何度も頼ってしまったという方は、

 

占いに頼りたくなった時の時間や状況をメモしておきましょう

 

「仕事から帰宅した時」

「休みの日に暇な時」

「夕方になると」

「彼氏からメールやラインの返信がこない時」

「人間関係でストレスを感じた時」

 

など、何でもいいので気づいたことはメモします。

 

いつも占ってもらいたくなる時間や状況をメモしておけば「私はこういう時に占いに頼りたくなるんだな」と客観視することができます。 

 

客観視することでストレスを他人事のように思えてストレスを和らげる効果もあるようなので、メモは絶対にやっていただきたいです。

 

「自分がどういう状況の時に占ってもらいたくなるのか?」というメモを取りましたら次のポイントを見てみてください。

 

1つ目のポイント

ここで1つ目のポイントです。

 

占いに頼りたくなるような状況をつくらないようにできないか考えてみましょう

 

例えば

「休みの日暇な時」に占いに頼りたくなるという方。

 

このような方は休みの日に予定を入れておけば占ってもらいたくなるという状況をつくらずに済みます。

 

あとは

「彼氏からメールやラインの返信がこない時」

 

このような方もしばらく彼氏に連絡を入れないとかすれば、返信がこない…という不安を感じることはなくなります。(連絡を入れないというのが良いアドバイスかどうかはおいといて)

 

不安がなければ占いに頼ることもなくなります。

 

メモを見返して、占ってもらいたくなる状況をつくらないようにすることができないか? を考えてみてください。

 

「夕方になると」占ってもらいたくなるという方についてですが・・・

 

夕方は必ずやってくるものなので状況をつくらないようにはできませんよね。

 

そういう方は2つ目のポイントを見てみてください。

 

2つ目のポイント

占ってもらいたくなるような状況になった時に①の手間を増やすという対策をします。 

 

例えば「仕事から帰宅した時」に占ってもらいたくなるという方は・・・

 

家に着いたら携帯の電源を切り、携帯をどこかに隠す

 

ということをします。

 

「夕方になると」占ってもらいたくなるという方は・・・

 

夕方になったら携帯を隠しておけばいいわけです。

 

占うまでの手間を増やしておけば面倒だと思い、悪い習慣を断ちきることができます。

 

「電話を隠すだけでは止められない・・・」

 

そういう方は次でご紹介する③の方法を試してみてください。

 

③占いの代わりになるものをする

占い依存というのは悪い習慣ですが、悪い習慣というのは別のものに置き換えれば直ると言われています。

 

「仕事から帰宅した時に占い師に電話しまう・・・」

 

という方の場合↓↓

 

1つ目のポイント

帰宅する前に

 

  • スポーツジムに行って→筋トレをする
  • 図書館に行って→勉強をする
  • 公園に行って→ウォーキングをする

 

ということをしてみます。

 

もちろん上で紹介したものじゃなくてもOKです。

 

占ってもらいたくなるという状況がくる前に対策をとればいいわけです。

 

あらかじめ不安を和らげることをしておけば、占ってもらいたくなる状況をつくらなくて済みます。

 

しかし、それでももしも「占ってもらいたくなる…」という状況に陥った場合↓↓

 

2つ目のポイント

占ってもらいたくなったら、

 

  • 心が落ち着く本を読む
  • 開運パズルをやってみる
  • ぬりえをしてみる

 

占いの代わりに別のものをやってみてください

 

一番は自分が占いの代わりになると思えるものをやるのがいいので、ぜひ探してみてください。

 

日頃からストレス日記をつけておくことがおすすめ!

そもそも占いに頼りたくなる時というのは何か悩みを抱えているからだと思います。

 

悩みがなくなれば占いに依存することもなくなります

 

悩みがある時に話を聞いてもらえる友達がいればいいのですが、いないと占い師に依存してしまうことになりそうです。

 

なので日頃からストレスを感じたら日記をつけておきましょう。

 

どんなことが起こったのか、どんな気持ちになったのか、どうすれば気分が明るくなるのか・・・

 

などを日記に綴りましょう。

 

感情を吐き出すことで不安がおさまったり、読み返すことで客観視できたりします。

 

このページを読んだ方へ、知ってほしいこと

実は占い師が依存させようとしている

占い師には良い占い師と悪い占い師がいますが、どちらにせよ占い師の言うことを全て鵜呑みにすることはやめた方がいいです。

 

私は悪質なメール占いの会社にバイト入社してしまったことがあります。

 

www.kinokotchi.com

 

すぐに止めてしまいましたが、研修初日に何をやるのかを知ったときはとてもショックを受けました。

 

相談者を依存させるためにはこういう風にすればいいと言う方法が定められていて、それはとても占いと呼べるようなものではありませんでした。

 

適当なことを言っても依存してくれればOKという感じの研修でした。

 

占い依存症に悩んでるあなたはこれを知ってもまだ占いに頼りたいと思いますか?

 

占い師が好い人でも、占ってもらうことがあなたのためになってるとは限らない

もしも「私の占い師は悪い人じゃない」と思う方でもやっぱり占い師の言うことを信じるのはやめた方がいいと思います。

 

あなたが言うとおり本当にいい占い師なのかもしれませんが、だとしてもやめた方がいいです。

 

私は雑誌にも載ったことのある人気の占い師から直接会って話を聞いたことがあります。

 

その占い師さんは確かによく当たるし良い人柄をしていたので、私はよくお世話になっていました。

 

が、その占い師さんから、夜にしょっちゅう電話で占いをお願いしてくるというお客さんの話を聞きました。

 

「常連さんなんだけど・・・」

 

と少し考え込むように言っていました。

 

私はこれを聞いたとき、お客さんは確実に占いに依存している! と思いました。

 

この占い師さんは本当に好い人なので否定はしたくありません。

 

だけどやっぱり「何で電話をかけるのを止めてくださいって言わないの?」って思ってしまいました。

 

占い師さんもその方が占いに依存してるか、依存気味であることはわかってたはずです。

 

なのに何も言わないなんて・・・と。

 

これは私の推測ですが、大手の電話占いに登録してるとお客さんに余計なことは言えないんじゃないかと思いました。

 

もしそれでクレームがきたらお仕事がなくなってしまうかもしれませんからね。

 

あとは単純に、儲けがなくなるから言わないだけだと思います。

 

こういう風に良い占い師であっても結果的にはお客さんを依存させてるだけということもあると思います。

 

よく依頼する占い師さんが良い人だとしても、信頼してるとしても、結果的にはあなたのためになっていないかもしれません。

 

安易に電話をかけるのはやめた方がいいでしょう。

 

占い依存が直ったと思わない

もしこれらの方法を試してみて、占いをやりたいと思わなくなったとしても油断しないことです。

 

占い依存ではありませんが、私の友達や過去に働いてた職場の人に依存症で悩んでいた方がいます。

 

話を聞いたところ「あと一回だけ!これでもう終わりにする!」と思っても、その一回が何十回、何百回…となってしまうようです。

 

アルコール依存症は一度患うと直らないとテレビで観たことがあります。

 

占い依存症も同じ依存なのでやはり直らないと思っておいたほうがいいと思います。

 

私も占い依存気味で悩んでいたことがあります。

 

占い好きだと思っていましたが、ストレスでやや依存になってしまったのです。

 

軽度だったようで環境を変えたことですぐに完治することができましたが、やはり占いに依存してしまうかもしれないことは常に心に留めておいてます。

 

ちなみに今は占いについてのブログを書いたりしてますが、占いに頼りたくなることは全くありません。

 

でも油断はしないでおきたいので、自分がどういうストレスに弱いのか常日頃から把握しておくようにしています。

 

そんでもって対策を考える…これの繰り返しです。

 

勇気を出して心理カウンセラーに話を打ち明ける

今の時代って占いじゃなくても、いろんな悩みを抱えている方はとっても多いですよね。

 

だから「占い依存症なんて恥ずかしい・・」とは思わずに勇気を出してカウンセラーに相談しましょう。

 

適当な病院を選ぶのではなくて、ちゃんとしたカウンセラーがいるところを選ぶのがポイントです。

 

私は心が不安定な時期に病院に行ったところ、カウンセラーは良かったのですが、医者がかなりムカつく人でメンタルをけちょんけちょんにされたことがあります…(笑)

 

だからもうムカついて「絶対病院なんか行くかよ!」と思うくらいでしたが、あれから本当に行っていません。でも心が安定したからいいとします。

 

病院が全部そうだとは思いませんが、悩みを打ち明けたのに理解されないと余計に傷ついてしまいますよね。

 

だからちゃんと調べてから行く方がいいと思います。

 

おわりに。

ネットで検索してみると、占い依存症で悩んでる方が多いようで驚きました。

 

占いは楽しいものですが、ハマりすぎるとなかなか脱け出すことができません。

 

そういうことを頭に入れておいて、時々占ってもらうくらいならいいと思います。

 

でも何度も何度も…となると、全然楽しくないですよね。苦しいだけですよね。

 

占いが自分の人生にとってマイナスな存在になるならきっぱり止めてしまいましょう

 

好きなものを止めるのって辛いかもしれませんが、また他に楽しめるものを見つければいいと思います!

 

最後に、みなさんに幸運をプレゼント☆☆☆

 

 

関連記事 

www.kinokotchi.com